ENJOY HEADLINE / プレスリリース / 2020.11.03

旧村上邸保存活用事業が土地活用モデル大賞にて都市みらい推進機構理事長賞を受賞

 鎌倉市景観重要建築物「旧村上邸」を企業研修施設「旧村上邸-鎌倉みらいラボ-」として活用するプロジェクト「旧村上邸保存活用事業」が第17回土地活用モデル大賞(主催:一般社団法人都市みらい推進機構、後援:国土交通省)において、都市みらい推進機構理事長賞を受賞いたしました。
http://www.toshimirai.jp/tochi_model/Contents/r02_tochi_result03.pdf

土地活用モデル大賞は、活気に満ちた地域社会の実現・地方創生の推進を図ることを目的としています。土地の有効活用や適切な維持管理に取り組み、土地活用の模範的事例、「成功モデル」となる事例を募集し、優れた事例について「国土交通大臣賞」をはじめとする表彰を行い、優れた土地活用を全国的に紹介しその普及を図るものです。

今回、旧村上邸保存活用事業は下記のポイントで評価されました。
・歴史的建造物であり地域のランドマークである旧村上邸の活用により地区の景観保全に貢献
・地域のコミュニケーションを活発にし、地域の関係人口を増やす役割
・公募型プロポーザルを経た公民連携により、PRE( 公的不動産の活用 ) による土地の利活用、 持続的な運営の仕組みの構築

こちらへはSDG’s未来都市を掲げる鎌倉市とエンジョイワークスとで応募いたしました。

鎌倉市からも発表されております。内容はこちらから
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kisya/data/2020/20201016-2.html