ENJOY HEADLINE / プレスリリース / 2020.10.20

まちづくり会社「エンジョイワークス」 葉山の古民家利活用のための不動産特定共同事業において 国内初のSTOスキームを導入へ

まちづくり参加型クラウドファンディング「ハロー!RENOVATION」を運営する株式会社エンジョイワークス(本社:鎌倉市由比ガ浜 代表取締役:福田 和則、以下 「エンジョイワークス」)は、「ハロー!RENOVATION」において、STO(Security Token Offering)スキームを導入します。

【概要】

この度、エンジョイワークスは、株式会社LIFULLおよびSecuritize Japan株式会社が提供する不動産特定共同事業者向けSTOスキームを導入することを決定しました。

(導入予定日:20201020日)

現在「ハロー!RENOVATION」において募集中の「<葉山>葉山の古民家宿づくりファンド」に当スキームを導入します。これにより、「<葉山>葉山の古民家宿づくりファンド」の出資者は、匿名組合出資持分を表象するセキュリティートークンの発行を受けることが可能となり、ファンド運用開始後、株式会社LIFULLおよびSecuritize Japan株式会社が提供するプラットフォーム上でのトークン譲渡により、第三者への持分譲渡が可能となります。(※1・※2)

【スキーム導入の目的】

① 「ハロー!RENOVATION」で募集されているファンドは、出資者が長くまちづくりに参加する機会として捉え、5年程度の比較的長期の運用期間のファンドが中心になっています。これまでは、運用期間中の換金は困難でしたが、本スキームの導入により、運用期間中の出資持分流動性を高めます。これにより投資家が参加しやすくするとともに、運用期間中に、さらに新しい参加者を増やすことでまちづくりの仲間を増やすことにつなげていきます。

② ブロックチェーン上でトークン譲渡を行う、利便性・安全性の高いスキームとして提供します。

新しい技術・サービスであるセキュリティートークンが、クラウドファンディングにおいて有効に活用されることを確認し、さらに使いやすいものへと発展させます。

 

【スキームの特徴】

① ファンドの申込み手続きについては、「ハロー!RENOVATION」での従来の手続きと大きな変更はありません。

② クラウドファンディングの匿名組合出資者が、持分譲渡を希望する際にセキュリティートークンを発行します。ファンド運用開始後、ファンド出資者からの持分譲渡が、ブロックチェーン上で可能となり、Ethereumパブリックブロックチェーン上に記録されます。

1 持分を譲り受ける第三者は、事前に「ハロー!RENOVATION」の投資家登録を行い、

「<葉山>葉山の古民家宿づくりファンド」についての事前確認事項を確認することが必要です。詳細についてはスキーム導入後、「ハロー!RENOVATION」ウェブサイトにてご確認ください。

2 発行されるセキュリティートークンは、不動産特定共同事業法第2条4項に定める不動産特定共同事業(1号事業)にもとづく出資持分を表象したものであり、金融商品取引業等に関する内閣府令第1条4項17号に規定される電子記録移転有価証券表示権利等に該当するものではありません。(金融商品取引法第2条2項5号ハにより上記不動産特定共同事業に基づく権利は金融商品取引法第2条2項5号に定める有価証券から除外されています。)

 

【<葉山>葉山の古民家宿づくりファンド】

コンセプトは「日本の暮らしを楽しむみんなの実家」。

神奈川県三浦郡葉山町の古民家「平野邸」を、地域住民と来訪者が交わることのできるコミュニティ+宿泊施設にリノベーションするプロジェクト。詳細は以下よりご確認ください。

https://hello-renovation.jp/renovations/6814

1031日(土)10時から、対象不動産を体感いただけるイベントを開催します。こちらからご参加ください。

秋の平野邸体験会!古民家再生で地域を盛り上げる「コミュニティファンド」

https://hello-renovation.jp/news/detail/9198

 

【関係者からのコメント】

株式会社LIFULL

エンジョイワークス社が一貫して進めてきた「コミュニティ形成を通したまちづくり」がSTO導入により更にエンパワメントされることを期待しております。
一般投資家向けの不動産STOは国内初の取り組みで、世界的に見てもまだ事例が殆ど無く、エンジョイワークス社の未来への挑戦をサポートできたことを大変嬉しく思います。
(株式会社LIFULL ブロックチェーングループ 松坂維大)

■Securitize Japan株式会社

今回の取り組みは、Securitizeのこれまでの顧客実用経験に基づいた最先端のプラットフォームを、柔軟に利用いただけるという強みが最大限に活かされており、また日本におけるSTOの本格的ユースケースとして大きな一歩と言えるでしょう。

Securitize Japan カントリーヘッド, ジャパン 小林英至)

 

【エンジョイワークスについて】

エンジョイワークスは創業時より、多くの人々が参加するボトムアップ型のまちづくりの実現を目指して事業を展開しています。

まちづくり参加型クラウドファンディング「ハロー!RENOVATION」を運営しており、全国初の小規模不動産特定共同事業者として、投資型クラウドファンディングの募集・運営を行っています。現在は、規模拡大に伴い、通常の不動産特定共同事業者許可を取得し、第二種金融商品取引業登録も行っています。

地方創生、遊休不動産の再生に必要な人材の育成に力を入れており、「空き家再生プロデューサー育成プログラム」を全国展開し、また地域未来創造大学校「次世代まちづくりスクール」の運営も行っています。

 

ハロー!RENOVATIONとは

ハロー!RENOVATIONとは、空き家・遊休不動産を利活用したい人と、利活用プロジェクトに想いをもって参加する「共感」投資家をつなぎ、お金と共感を集めることができる「共感投資プラットフォーム」です。多くの方がプロジェクトに参加し、事業運営まで一緒に行っていくことで、ボトムアップのまちづくりを実現します。

 

エンジョイワークス会社概要

会社名: 株式会社エンジョイワークス

代表者: 代表取締役 福田 和則

所在地: 神奈川県鎌倉市由比ガ浜1-10-9

設 立: 200711

資本金: 100,000,000

URL : https://enjoyworks.jp/

不動産特定共同事業者[神奈川県知事 第9号]

第二種金融商品取引業[関東財務局長(金商)第3148号]

宅地建物取引業[神奈川県知事(2)第28062号]

一級建築士事務所[神奈川県知事登録 第16506号]

国土交通省PPP/PFI協定パートナー

「ハロー!RENOVATION」公式サイト

https://hello-renovation.jp/

空き家再生プロデューサー育成プログラム

https://hello-renovation.jp/producer/

地域未来創造大学校「次世代まちづくりスクール」

https://hello-renovation.jp/producer/

 

【株式会社LIFULL

会社名:株式会社LIFULL

所在地:東京都千代田区麹町1-4-4

代表者:代表取締役社長 井上 高志

事業内容:不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S(ライフル ホームズ)」の運営等

設立:19973

ウェブサイト:https://LIFULL.com/

 

Securitize Japan株式会社】

会社名:Securitize Japan株式会社(セキュリタイズジャパン)

所在地:東京都中央区日本橋室町2-1-1 日本橋三井タワー 6F

代表者:代表取締役 ジェームス・エイチ・フィン

事業内容:デジタル証券のためのコンプライアンス準拠プラットフォームを提供

設立:20189

ウェブサイト:https://www.securitize.co.jp/