ENJOY HEADLINE / プレスリリース / 2020.05.21

「葉山の古民家宿づくりファンド」の募集期間を2020年9月30日まで延長します

本ファンドは2020年7月31日をファンド申込みの期限としておりましたが、この度2020年9月30日まで延長することにいたしました。

前回のファンド延長時、当初予定していたプロジェクト参加のきっかけとなるようなイベントが新型コロナウィルスの感染防止のために全て中止せざるを得ず、皆様にプロジェクトへご参加いただく機会を十分にご提供出来ていない状況でした。
そのため、オンラインコンテンツの作成やライブ配信によるイベントなどを実施して、より多くの方に本ファンドにご参加いただくための期間として募集期間を再設定いたしました。おかげ様でライブ配信の視聴者数は60名を超え、ファンドの支援者数は5月19日現在で20名、募集金額の達成率は16.3%となりました。

しかし、外出自粛要請が続いていることなどから、まだ十分な検討機会を提供することができず、同様の理由でもう一度募集期間を延長させていただくこととなりました。

なお、申し込み期間延長に伴い、ファンド運用期間が以下のように変更となります。

変更前:2020年8月1日~2025年3月31日

変更後:2020年10月1日~2025年3月31日

運用期間:4年8カ月間→4年6カ月間

※想定利回り 2%〜(税引前)は変更ありません。

※運用期間は短くなることで、想定する年利回りに大きな変更はありません。詳細についてはファンド情報の分配シミュレーションをご確認ください。
※募集期間及び運用期間変更により、申し込み済みのファンドをキャンセルされたい場合は、2020年5月31日までにクラウドファンディングデスクまでご連絡をお願いいたします。

(募集期間変更に関する確認事項)

葉山の古民家宿づくりファンド【投資型】・契約成立前書面兼重要事項説明書

■ 本匿名組合契約の基本事項

5.募集期間

(略)

本匿名組合契約は先着順に成立するため、募集最大総額に達した場合は、募集を終了し、それ以降の申し込みは無効となります。原則として、出資金の払い込みは、申し込み後、取扱者による確認手続き等の後になるため、先に払い込み頂くことはないと思われますが、処理の流れの前後などによって払い込み頂いた後に最大募集額に達していたことが判明した場合は、払い込まれた出資金は速やかに返還します。その際の返還に係る振込手数料は取扱者負担とさせていただきます。

募集期間中であっても、営業者が本匿名組合契約の募集を終了した場合は、そのときをもって取扱いを終了します。

営業開始の状況、出資金の募集状況に応じて、最大6か月まで営業者の判断で募集受付終了日の延長を行うことができるものとし、その場合は、事前に匿名組合員に通知するものとします。この場合、匿名組合員は当該変更について、予め異議なく承諾します。

https://hello-renovation.jp/renovations/6814/investing

本ファンドの不動産特定共同事業者である株式会社エンジョイワークスは、不動産特定共同事業契約の媒介をする者であり、かつ、当事者です。また、本ファンドの契約の種別は、不動産特定共同事業法第2条第3項第2号に掲げる不動産特定共同事業契約(匿名組合契約)です。