チラシ作りのポイント初級編

チラシ作りのポイント初級編

こんにちは! エンジョイワークスシステム開発部のデザイナー安松です。

今年も「OPEN HOUSE WEEKEND」の季節がやってまいりました。
「OPEN HOUSE WEEKEND」とは、弊社不動産営業部による、二日間にわたる自由で楽しいオープンハウスイベント。地図を片手に、まちを好きに移動しながら、葉山で実際に暮らしている素敵なお家を自由に見学できちゃいます。「交通、不便じゃないですか?」「ここから都内に通うの、ぶっちゃけきついでしょ?」「子育てに良さそうだけど実際どうですか?」気になるあれこれを聞くならネット? 不動産屋? いいえ、住人。先輩たちに直接聞けちゃうチャンスです。
詳しくはこちら!

さて、そんな素敵イベントの告知用チラシを作っていきますよ。突然。
ちなみに今回は、以前作ったチラシをフォーマットにして、写真、日付、テキストを変えるだけで良いとのこと。前回作ったものというのが

こちら。去年のOPEN HOUSE WEEKENDのチラシですね。ではこれに、一旦、マーケティングチームがまとめて送ってくれた新要素を流し込んでみましょう。

デザインはよく料理の盛り付けに例えられますが、その例えで言うならば、初手は基本「一旦全部お皿に載せる」。そうすると、情報の心地よい位置や順番、要素同士のバランスやコントラストなどがやっと見えてきます。

お皿の中央に載るメインディッシュが、どれくらいの大きさの何であるかも決まっていないのに、付け合せの人参の個数が2個か3個かを決める、と言うのは天才芸術家のやることです。見る人の「心地よい」「分かりやすい」を作るのが仕事のデザイナーはそんなことしなくて大丈夫。というか出来なくて良い。

(ちなみに「文章は仮で入れておいて。大体400字くらい」と言われていたのに、納品直前で「文章送ります!」と言って送られてきた文字が1000文字だと、下手したらここまで遡ってやり直さなければならないので、デザイナーはいつも怯えています)

さて、流し込みました。
すると、ざっくり4点気になることが出てきました。


良い写真なのですが少し暗いですね。
Photoshopのトーンカーブ、色相・彩度などで調整します。
しかし木々の色がめちゃ夏……そして半袖……。12月、つまり冬のイベントなので、出来れば皆様が冬服着てる写真が良かったのですが贅沢は言っていられません!(良い写真の手配をありがとう、マーケチーム!)ちなみに秋冬らしく、木々の色をくすませることも出来ますが、どよ〜んとした写真が欲しいわけではないのでこのままで。

これでOK!いや〜、夏!


ベースにした元のチラシも可読性がよくないですが、今回もこのタイトル位置には問題があります。

再配置。日付部分は思い切って下に色を敷きます。
このときはタイトルとのジャンプ率(大きさの比率)などにも気をつけます。


致命的なことは起きていませんが、楽しいワクワクイベントのチラシにしては遊びが足りなすぎる気がします。
タイトルに使ったフォントに合わせた手書き感、ラフ感を足していきます。

リード文にあしらいを追加。よくあるサンバースト系のラインです。
ポイントで使える上に、賑やかさも手書き感も出るので便利なやつ。
少しだけ動きが欲しいので、文字に微妙にアール(角度)もつけます。

写真との境目部分はIllustratorの鉛筆ツールでマウスでさっと図形を書きます。正体はこんなの↓

塗り:白で置いてあげるだけでOK。ちょっと違和感があったら、同じものをコピペして、左右反転し、ソフトライトで重ねたりすると、雑さが減っていい感じに。


必要な情報がきちんとあり、大事な日付もちゃんと大きめの文字で入っている。けど、なんか見づらい。
字詰めしながらブラッシュアップしていきます。

バランスを見てセンタリングしてみたり、「開催日時」ブロックと「見学できる物件」ブロックのまとまり・境目が分かりづらいのでラインを追加してみたり。

字詰めも、やることはシンプルで、見た瞬間に「詰まってる」と感じるところはゆったりとさせ、「空いている」と感じるところは詰めます。「:」や「ー」といった記号が文字の上下中央に来てないなと感じれば、ベースラインシフトで引き上げます。

細かい作業ですが、ここで最終的なクオリティが決まると言っても過言ではない超重要パートです。

完成!

今回配置した手書き風のリボンやサンバースト風ラインは、これくらいのものならマウスでその場で描いちゃいますが、もっと凝ったアイコンが欲しい、イラストが欲しい、という場合は、素材を使ったり。

例えばこちらのチラシ。全体に使っているイラストは購入した素材です。タイトル部分に薄く敷いている本のイラストは「ハンコでアソブ」さんからお借りしたもの(全部可愛い、見てるだけで楽しい!)。


今回はWebでなく、イベントチラシの仕事について書いてみました。部署こそシステム開発部ですが、社内で発生するグラフィック関係の仕事はなんでもやります(名刺とか、施設看板用!のデータ作成とか)。

イベントは毎回全く違うものが企画・開催されるので、同じパターンのデザインをオペレーティブに生産するようなことはほとんどありません。
悩み、考え、ノウハウを生かして作ったデザインを、イベントやプロジェクトのリーダーが見て喜んでくれたら最高です。そしてチラシならそのチラシを見て、アイキャッチならアイキャッチを見て、1人でも多くの方が弊社の取り組みに興味を持ってくれたら。そんなふうに思いながら毎日、海の側、鎌倉で働いております。

さて、そんなエンジョイワークス、そしてシステム開発部では、エンジニアを大募集しております!

現在制作会社にいる方は、修行僧を卒業して、海の近くでカレーを食べながらWeb開発してみませんか?
興味が湧いたらWantedlyなんかでコンタクト頂いてもOK。
採用については詳しくはこちら

募集職種や主な業務がピンポイントで書かれていますが、それしか出来ないなんてことはまったくありません。やりたければ何でも出来ちゃう、これもエンジョイの特徴の一つです。

次回ネタに困ったら今度こそカレー屋さんのレビューします

一覧へ戻る

最新記事