AWSでJenkinsを動かす #2

AWSでJenkinsを動かす #2

こんにちは。システム開発部でサーバーサイドを担当している原田です。

さて、前回に引き続きAWSにJenkinsで自動テスト環境を作っていきたいと思います。

今回はジョブを作成し実行する部分をやっていきます。

プロジェクトの用意

前回、EC2に作成したインスタンスにJenkinsをインストールし初期設定まで行いました。

今回はその環境にテストで使用するプロジェクトとして、以前ブログで書いたCodeigniterを扱います。(CodeIgniter×PHPUnitでテストコードを書く)

こちらのテストコードをJenkinsで実行したいと思います。

ジョブの作成

新しいジョブを作成します。

任意のジョブ名を入力し、「フリースタイル・プロジェクトのビルド」選択します。
OKを押下でジョブの設定に遷移します。

ジョブの設定画面になりますが、今回は「ビルド」の「ビルド手順の追加」のみ設定します。「シェルの実行」を選択します。

実行するコマンドを記述します。
今回はテストコードを実行するコマンドを記載しています。(参考:https://enjoyworks.jp/tech-blog/5125)

「保存」ボタン押下でジョブの作成が完了します。

ジョブの実行

それでは作成したジョブを実行してみましょう。

期待値としては、テストコードが実行され「OK (1 test, 1 assertion)」が表示されることです。

「ビルドの実行」を押下します。

作成したジョブが実行され、結果が赤枠部分に表示されます。
「コンソール出力」を選択して結果を確認しましょう。

テストコードが実行され通過したことが確認できました!

おわりに

Jenkinsでジョブの作成しテストコードを実行するところまでできました。

今回は手動で実行しましたが、何かをトリガーにしたりジョブの実行をスケジュールできるように設定できるようになってます。

Gitと連携してpushされたタイミングでデプロイ→テストコードの実行とかやってみたいですね。

エンジョイワークスでは一緒に働くエンジニアを募集しております!
採用情報はこちらWantedlyも覗いてみてください!

一覧へ戻る